定灯篭 / 檜山を旅しよう

 

 

定灯篭 / 檜山を旅しよう


 

 

icon_top.gif
m_01.gif
m_02.gif
m_03.gif
m_04.gif
m_05.gif
m_06.gif
m_07.gif
m_08.gif
m_model.gif
m_guide.gif
m_09.gif
m_10.gif
m_11.gif
m_12.gif

title.jpg

sub_03.gif

北海道における和人定住の歴史は、この檜山から始まりました。

off_es.gifoff_ka.gifoff_as.gifoff_ot.gifoff_ok.gifoff_im.gifoff_ki.gifoff_se.gifon_ta.gif

[大成区全体の地図へ]

定灯篭(じょうとうろう)

 1857(安政4)年に建設された道内最古の「定灯篭」を1988(昭和63)年に復元したものです。高さ1.2m、幅40cmの青銅製で、定灯篭の形はどの方角から見ても「太田」という文字になっています。「太田神社」灯篭の向こうに沈む夕陽は、海の色と相まってとても幻想的です。

所在地 〒043-0501
せたな町大成区太田
連絡先

せたな町大成総合支所産業建設課
TEL 01398-4-5511

交通アクセス 札幌から車で約4時間15分
【八雲ICまで約2時間30分、八雲ICから国道277号線(雲石国道)、国道229号線経由で約1時間45分】
函館から約3時間15分
【国道5号線・227号線・229号線(追分ソーランライン)経由】
「道の駅てっくいランド大成」から車で約15分
【国道229号線(追分ソーランライン)経由】
地図 3401jou.gif
sc4tai4.gif
3401jo12.jpg

拡大表示[

3401jou2.jpg

拡大表示[

icon_hym.gif

copy.gif

カテゴリー

page top