法華寺の欅・椿 / 檜山を旅しよう

 

 

法華寺の欅・椿 / 檜山を旅しよう


 

icon_top.gif
m_01.gif
m_02.gif
m_03.gif
m_04.gif
m_05.gif
m_06.gif
m_07.gif
m_08.gif
m_model.gif
m_guide.gif
m_09.gif
m_10.gif
m_11.gif
m_12.gif

title.jpg

sub_03.gif

北海道における和人定住の歴史は、この檜山から始まりました。

on_es.gifoff_ka.gifoff_as.gifoff_ot.gifoff_ok.gifoff_im.gifoff_ki.gifoff_se.gifoff_ta.gif

[江差町全体の地図へ]

法華寺の欅・椿(ほっけじのけやき・つばき)

 樹齢400年を超えており、北国の布教の礎として植えたものといわれています。苗木は松前藩主が内地より取り寄せ「法華寺」に移植したもので、「かもめ島」を見下ろす境内にひときわ目を引く大木として住民に親しまれています。同じ境内の樹齢260年を超える椿とともに北海道記念保護樹木に指定されています。
※内部見学時は事前問合せが必要です。

所在地 〒043-0043
江差町字本町71 法華寺境内
連絡先

TEL 0139-52-0355 FAX 0139-52-2404

交通アクセス 札幌から車で約4時間
【落部ICまで約2時間45分、落部ICから道道67号線経由で約1時間15分】
函館から車で約1時間45分
【国道227号線(中山峠)経由】
函館バス橋本町停留所から徒歩約5分
地図 3707hkj.gif
sc7esa1.gif
3707hk12.jpg

拡大表示[

 

 

 

 

icon_hym.gif

copy.gif

カテゴリー

page top