病性検定

病性検定の概要

  1. 死亡及び疾病の原因検索(下痢、呼吸器病、流産など)
  2. 種畜の衛生検査
  3. 家畜市場や家畜共進会に出品する家畜の衛生検査
  4. その他

病性検定の手続き

病性検定を依頼する場合

検定材料と検定に係る手数料分の北海道収入証紙を貼付した「病性検定診断申請書」を提出して下さい。また、個体の確認ができる登録書などの書類を添付して下さい。
病性検定を実施後、結果は「病性検定(診断)結果通知書」により回答します。

病性検定の流れ

病性検定証明書が必要な場合

証明書発行に係る手数料分の北海道収入証紙を貼付した「病性検定(診断)結果証明書交付申請書」を提出して下さい。

病性検定証明書の流れ

病性検定使用料・手数料

病性検定使用料・手数料(令和2年4月1日改正)
手数料項目使用料・手数料主な検査項目
器具機械使用860円
保冷保管庫使用600円
病理解剖検査4,580円
鏡検770円白血球数、白血球百分比、トリコモナス検査など
一般培養1,120円サルモネラ検査など
特殊培養3,380円サルモネラ検査(薬剤感受性検査や菌種同定を伴うもの)
カンピロバクター検査など
一般血清反応検査780円
特殊血清反応検査3,070円牛伝染性リンパ腫抗体検査、馬パラチフス検査など
病理組織検査2,520円
一般理化学的検査1,300円
特殊理化学的検査3,160円牛伝染性下痢ウイルス遺伝子検査など
特殊遺伝子学的検査5,950円リアルタイムPCR検査
総合病性検定7,430円疾病原因検索
総合病性検定
(病理解剖を伴う)
8,520円病理解剖を伴う疾病原因検索
特殊血清・遺伝子学的検査4,010円ヨーネ病検査
証明書500円1通あたり
特別診断(100km未満)5,670円家畜保健衛生所職員が現地に赴き採材を行った場合
特別診断(100km以上)11,340円家畜保健衛生所職員が現地に赴き採材を行った場合
焼却24,550円

病性検定を依頼する場合の留意点

  • 農場名、飼養状況、検査する家畜の個体情報、臨床症状、経過、検体の採材日等を添付してください。
  • 各種疾病を疑う場合、検査する項目、検査材料、検体数等詳細について、あらかじめ家畜保健衛生所にご相談ください。
  • 検査結果判明までに日数を要する場合がありますので、証明が必要な検査は、計画的に依頼していだだくようお願いします。

檜山管内北海道収入証紙売りさばき所

カテゴリー

檜山家畜保健衛生所のカテゴリ

page top