砂館神社本殿 / 檜山を旅しよう

 

 

砂館神社本殿 / 檜山を旅しよう


 

 

icon_top.gif
m_01.gif
m_02.gif
m_03.gif
m_04.gif
m_05.gif
m_06.gif
m_07.gif
m_08.gif
m_model.gif
m_guide.gif
m_09.gif
m_10.gif
m_11.gif
m_12.gif

title.jpg

sub_03.gif

北海道における和人定住の歴史は、この檜山から始まりました。

off_es.gifon_ka.gifoff_as.gifoff_ot.gifoff_ok.gifoff_im.gifoff_ki.gifoff_se.gifoff_ta.gif

[上ノ国町全体の地図へ]

砂館神社本殿

 室町時代の1462(寛正3)年に建立されました。本道の神社では最初に記録に現れる古い神社です。長禄元(1457)年のコシャマインの戦いで勝利した武田信廣が新しい拠点として築いた洲崎館の北の守り神として建てられ、以来松前藩の信仰の対象となりました。
 最初の本殿は1788(天明8)年に焼失し、その責任をとって北村名主が自殺しています。現在の神社は翌1789(天明9)年、藩主・松前道広によって再建されたもので、その後江戸時代に三度程修理が行われています。(道指定有形文化財)

所在地 〒049-0622
上ノ国町字北村
連絡先

上ノ国町教育委員会文化財グループ
TEL 0139-55-2230

交通アクセス 札幌から車で約4時間30分
【落部ICまで約2時間45分、落部ICから道道67号線・国道227号線経由で約1時間45分】
函館から車で約2時間
【国道227号線(中山峠)・228号線(追分ソーランライン)経由】
木古内から車で約1時間
【道道5号線経由】
江差から車で約15分
【国道228号線(追分ソーランライン)経由】
函館バス大留停留所からタクシーで約5分
地図

3911sna.gif
sc9kam2.gif

※地図中のJR江差線は廃止になりました。

3911sn11.jpg

拡大表示[

icon_hym.gif

copy.gif

カテゴリー

page top