名馬「越之浦」 / 檜山を旅しよう

 

 

名馬「越之浦」 / 檜山を旅しよう


 

icon_top.gif
m_01.gif
m_02.gif
m_03.gif
m_04.gif
m_05.gif
m_06.gif
m_07.gif
m_08.gif
m_model.gif
m_guide.gif
m_09.gif
m_10.gif
m_11.gif
m_12.gif

title.jpg

sub_03.gif

北海道における和人定住の歴史は、この檜山から始まりました。

off_es.gifoff_ka.gifoff_as.gifon_ot.gifoff_ok.gifoff_im.gifoff_ki.gifoff_se.gifoff_ta.gif

[乙部町全体の地図へ]

名馬「越之浦」(めいば「こしのうら」)

 1881(明治14)年、明治天皇が北海道行幸の際に馬車を引いたのが「越之浦」です。その後越之浦は、七飯町の勧業試験所で飼われ、明治30年代に品川子爵(品川彌一)の手に渡り、1904(明治37)年に29歳で亡くなりました。
 子爵が乙部で乗馬を楽しんだことなどを記念して、千岱野牧場の見晴らしのよい所に埋めて石碑を建立しました。

所在地 〒043-0117
乙部町字姫川
連絡先

乙部町役場産業課 
TEL 0139-62-2311 FAX 0139-62-2939
mail:kanko●town.otobe.lg.jp
(迷惑メール対策のため、@を●にしています。メールを送っていただく際は、@に置き換えてください。)

交通アクセス 札幌から車で約3時間45分     
【八雲ICまで約2時間30分、
八雲ICから国道227号線(雲石国道)・国道229号線(追分ソーランライン)経由で約1時間15分】 
函館から車で約1時間45分
【国道227号線(中山峠)・229号線(追分ソーランライン)経由】  
「道の駅ルート229元和台」から車で約15分
【国道229号線(追分ソーランライン)経由  
地図 3606mib.gif
sc6oto4.gif
3606mi11.jpg

拡大表示[

icon_hym.gif

copy.gif

カテゴリー

page top