荷卸の松 / 檜山を旅しよう

 

 

荷卸の松 / 檜山を旅しよう


 

icon_top.gif
m_01.gif
m_02.gif
m_03.gif
m_04.gif
m_05.gif
m_06.gif
m_07.gif
m_08.gif
m_model.gif
m_guide.gif
m_09.gif
m_10.gif
m_11.gif
m_12.gif

title.jpg

sub_03.gif

北海道における和人定住の歴史は、この檜山から始まりました。

off_es.gifoff_ka.gifoff_as.gifoff_ot.gifoff_ok.gifoff_im.gifon_ki.gifoff_se.gifoff_ta.gif

[北檜山区全体の地図へ]

荷卸の松(におろしのまつ)

 1892(明治25)年、元会津藩士・丹羽五郎が開拓移住者12戸49人を連れて入地しました。大きな傘を開いたようなイチイ(オンコ)があるのをみとめて樹下に荷物をおろし地勢を調べ、ここに数日間野宿して小屋掛け地所の割り当てなどを行いました。
 後にこのイチイを「荷卸の松」と呼ぶようになり、開拓の記念樹として尊ばれています。1973(昭和48)年3月30日、北海道記念保護樹木に指定されています。

所在地 〒049-4433
せたな町北檜山区丹羽
連絡先

せたな町役場産業振興課
TEL 0137-84-5111 FAX 0137-84-6833

交通アクセス 札幌から車で約3時間30分
【国縫ICまで2時間15分時間、国縫ICから国道230号線(ピリカ国道)経由で1時間15分】
函館から車で約3時間30分
【国道5号線・国道230号線(ピリカ国道)経由】 
「道の駅てっくいランド大成」から車で約45分
【国道229号線(追分ソーランライン)・国道230号線(ピリカ国道)経由】 
函館バス荷卸の松停留所から徒歩約0分  
地図 3301nor.gif
sc3kit4.gif
3301no11.jpg

拡大表示[

3301nor2.jpg

拡大表示[

3301no32.jpg

拡大表示[

icon_hym.gif

copy.gif

カテゴリー

page top