荻野吟子開業の地碑 / 檜山を旅しよう

 

 

荻野吟子開業の地碑 / 檜山を旅しよう


 

icon_top.gif
m_01.gif
m_02.gif
m_03.gif
m_04.gif
m_05.gif
m_06.gif
m_07.gif
m_08.gif
m_model.gif
m_guide.gif
m_09.gif
m_10.gif
m_11.gif
m_12.gif

title.jpg

sub_03.gif

北海道における和人定住の歴史は、この檜山から始まりました。

off_es.gifoff_ka.gifoff_as.gifoff_ot.gifoff_ok.gifoff_im.gifoff_ki.gifon_se.gifoff_ta.gif

[瀬棚区全体の地図へ]

荻野吟子開業の地碑(おぎのぎんこかいぎょうのちひ)

 日本で最初の女医・荻野吟子は、1897(明治30)年瀬棚に入り、荻野医院を開業しました。「瀬棚児童会館」そばの「開業地跡」に、医療活動はもとより婦人会や日曜学校等を創設し、地域の文化振興にも貢献した彼女の功績を讃えるため、病院・開業の地を記念する碑が建立されています。 
 その他荻野吟子にまつわる施設として、旧国鉄瀬棚駅跡地に整備した「荻野吟子小公園」内に「顕彰碑」などがあります。「瀬棚郷土館」には女史が日常生活に使用した遺品の数々や医学的にも貴重な資料が展示保存されています。
 荻野吟子の活躍は直木賞受賞作家・渡辺淳一作の小説「花埋み」、NHKテレビ「風雪」などでも紹介されています。

所在地 〒049-4803
せたな町瀬棚区本町3区
連絡先

せたな町瀬棚総合支所 
TEL 0137-87-3311  FAX 0137-87-2302 
mail:gins●town.setana.hokkaido.jp 
(迷惑メール対策のため、@を●にしています。メールを送っていただく際は、@に置き換えてください。)

交通アクセス 札幌から車で約3時間30分
【国縫ICまで約2時間15分、国縫ICから国道230号線(ピリカ国道)経由で約1時間15分】
函館から車で約3時間15分   
【国道5号線・国道230号線(ピリカ国道)経由】 
「道の駅てっくいランド大成」から車で約45分 
【国道229号線(追分ソーランライン)経由】 
函館バス瀬棚市街停留所から徒歩約5分
地図 3204ogn.gif
sc2set8.gif
3204og11.jpg

拡大表示[

icon_hym.gif

copy.gif

カテゴリー

page top