荻野吟子歌碑 / 檜山を旅しよう

 

 

荻野吟子歌碑 / 檜山を旅しよう


 

icon_top.gif
m_01.gif
m_02.gif
m_03.gif
m_04.gif
m_05.gif
m_06.gif
m_07.gif
m_08.gif
m_model.gif
m_guide.gif
m_09.gif
m_10.gif
m_11.gif
m_12.gif

title.jpg

sub_03.gif

北海道における和人定住の歴史は、この檜山から始まりました。

off_es.gifoff_ka.gifoff_as.gifoff_ot.gifoff_ok.gifon_im.gifoff_ki.gifoff_se.gifoff_ta.gif

[今金町全体の地図へ]

荻野吟子歌碑(おぎのぎんこかひ)

  1894(明治27)年、日本初の女医として知られる荻野吟子が、夫・志方之善の後を追ってキリスト教の理想郷建設のため入植しました。インマヌエルの丘の上、教会のかたわらに建立されています。
 「窓たたく夜半のあらしにねざめして、としべつ原の寒さいかにと」は、東京にて遠く離れた夫を思って歌ったものです。

所在地 〒049-4327
今金町字神丘
連絡先

今金町役場
TEL 0137-82-0111

交通アクセス 札幌から車で約3時間
【国縫ICまで約2時間15分、国縫ICから国道230号線(ピリカ国道)経由で約45分】
函館から車で約3時間15分
【国道5号線・国道230号(ピリカ国道)経由】 
「道の駅てっくいランド大成」から車で約1時間
【国道229号線(追分ソーランライン)・国道230号線(ピリカ国道)経由】 
地図 3104gkh.gif
sc1ima5.gif
3104gk11.jpg

拡大表示[

icon_hym.gif

copy.gif

カテゴリー

page top