農業農村整備事業環境情報協議会

檜山振興局道営農業農村整備事業環境情報協議会について

 【趣旨・目的】

    檜山振興局が行う農業農村整備事業等について、環境との調和への配慮に関する客観性や透明性を確保し、事業を円滑に実施するため、調査計画及び計画変更の段階で、専門家や地域住民代表などから意見や情報を収集し、事業計画に反映するため、「檜山振興局農業農村整備事業環境情報協議会」を開催しています。本協議会では、次の内容について意見交換や情報収集を行っています。

(1)  田園環境整備マスタープラン(※)又は農村環境計画との整合について

(2)  環境に関する基本的な考え方

(3)  その他

※田園環境整備マスタープランは、市町村が作成する農村地域の環境保全に関する基本計画であり、農業農村整備事業の実施に当たっては、このマスタープランを踏まえて、環境や景観等へ配慮することが必要となっています。

【協議会の委員構成】

  本協議会の委員は、「環境の専門家」、「地域住民の代表」、「農業関係者代表」で構成され、任期は2年で5名の方を委員として選定しています。

【協議会の委員の公募】

 委員の公募についてはこちら 

【協議会会議記録等の公表】

 環境情報協議会に係る委員名簿、開催日、会議記録(概要版)等を公表しています。

◯ 環境情報協議会委員名簿(令和3年度) (2021年6月17日) 1名委員変更

◯ 令和2年度環境情報協議会の開催結果について(2020年8月13日)

◯ 令和2年度環境情報協議会の開催について(2020年7月17日)

 

99-99_9999-99-99_botan-toppagenimodoru.bmp

 

 

カテゴリー

農村振興課のカテゴリ

page top