牧草高刈りの実証実験を実施しました

牧草収穫時の刈り取り高さは以下の理由から地上10cm以上の高刈りにすることが推奨されています。

  • 牧草の再生が早まり、収量増加と植生の維持が図られる。
  • 収穫時に土や堆肥等の異物を拾うリスクが減り、牧草の発酵品質が向上する。

普及センターでは牧草高刈りの効果を確認するため、実証ほを設置しました。
せたな町農業センターの牧草展示ほ(チモシー、オーチャードグラス)を使い、2つの刈り取り高さ(5cm、10cm以上)で一番草を手刈りしました。
今後、牧草の再生状況について、定期的にモニタリングを行い、効果を確認する予定です。

刈り取り適期を迎えた牧草展示ほ

刈り取り適期を迎えた牧草展示ほ

2つの刈り取り高さに調整

2つの刈り取り高さに調整

手刈りでていねいに高さ調整

手刈りでていねいに高さ調整

試験ほ全体

左:高さ10cm以上、右:高さ5cm程度

カテゴリー

檜山農業改良普及センターのカテゴリ

お問い合わせ

檜山振興局産業振興部檜山農業改良普及センター 檜山北部支所

〒049-4501久遠郡せたな町北檜山区北檜山235-10

電話:
0137-84-5514
Fax:
0137-84-5596

page top