関係機関が連携した"江差町"の食育活動!

江差土地改良区が事務局となり、地元保育園児を対象に食育活動として、さつまいも栽培を実施しました。北海道指導農業士の小笠原氏はほ場提供と畝づくり、地域若手農業者の山田氏・関係機関が協力し、栽培管理に努めました。
10月6日の収穫の時、「おおきいのとれた~」、「はやくたべたい~」、「つかれた~」など園児のの声が聞こえました。保育士さんは、「こんな大きいさつまいもは初めて!保育園で、焼き芋・さつまいもご飯・干し芋・さつまいもタルトなどで美味しくいただきます。」との声がありました。
本活動は、10月7日(木)NHKほっとニュース北海道で放映されました。地域農業の魅力を発信することで、地域活動の活性化に繋がることを期待しています。

掘り出した芋を見て拍手喝采の園児

掘り出した芋を見て拍手喝采の園児

収穫後の記念撮影

収穫後の記念撮影

カテゴリー

檜山農業改良普及センターのカテゴリ

page top