女性農業士が行う地域特産品の食育活動(上ノ国町)

9月7日、上ノ国町で全道一の出荷量を誇るさやえんどうを地域に知ってもらうため、収穫体験会を実施しました。
講師は片石唯乃農業士が務め、対象は地元の河北小学校4~6年生で、当日は関係機関(町農林課・教育委員会・檜山振興局農務課)も応援に来てくれました。
事前に、児童から農業士へ「さやえんどうで聞きたいこと」として20の質問があり、種子・収穫物・農作業写真などを交えながらわかりやすく回答していました。収穫体験では、豆の花以外が全て緑色であったため、なかなか見つけられませんでしたが、徐々に目が慣れ勢いよく収穫していました。
ビニール袋いっぱいに収穫し、児童が小学校に帰ると、教諭が事前に農業士よりいただいたさやえんどうを塩ゆでしており、たくさん食べてから下校しました。
この活動は、9月7日、NHKほっとニュース北海道で、女性農業士が行う地域特産品のPR活動として放送されました。

さやえんどうの質問・回答

さやえんどうの質問・回答

たくさん採れました

たくさん採れました

カテゴリー

檜山農業改良普及センターのカテゴリ

page top