全層心土破砕「カットブレーカー」実演会の開催

重点地区の圃場排水性改善に向けた新たな取り組み

4月12日、排水対策による畑作物の生産性向上を目指し、厚沢部町中野地区の圃場で全層心土破砕「カットブレーカー」の実演会を行い、重点地区の農業者やJA、ホクレン函館支所、普及センターなど関係者が参加しました。
カットブレーカーのV字状の切断刃により、土塊を持ち上げて破砕し落下・埋め戻しながら、下層土を地表面に持ち上げることなく深さ60cm程の破砕溝をつくり施工していきました。
今後、施工効果の検証を行い、重点地区や生産部会等の研修会で報告・検討していく予定です。参加者は、施工圃場の透排水性や物理性の改善に期待を寄せていました。

カットブレーカーにより破砕溝を構築

カットブレーカーにより破砕溝を構築

実演会に集まった参加者たち

実演会に集まった参加者たち

カテゴリー

檜山農業改良普及センターのカテゴリ

page top