地域福祉計画を策定するに当たってのポイント


地域福祉計画を策定するに当たってのポイント


地域福祉計画を策定するに当たってのポイント

 

○ 計画パターンの検討

自らの町の個別計画策定状況を踏まえ、地域福祉計画策定の方向を検討します。

 

○ 社会福祉資源等の把握、点検

・ 地域福祉計画は、高齢、介護、障害、児童の各計画を内包する関係に立ち、また、住民の自主活動との結びつきを高めていくことが必要ですが、これまでの取り組みを有効に活用していくことも重要なポイントです。

・ このため、既存の社会福祉資源及び自主的活動を把握、点検することから始めます。

3image.gif

○ 住民参加の方法の検討

・ すでに様々な形で、まちづくりに当たり住民の意見を聞く方法が用いられていますので、その状況も踏まえ、住民参加の方法を検討します。(都市の規模やコミュニティの状況により方法が異なることが想定される。)

・ 各町の社会福祉協議会、社会福祉施設、事業所、NPOなどとアンケートやヒアリング、または懇談会などを実施することなどなどにより住民参加の輪を広げます。

・ 各町の社会福祉協議会では、地域福祉実践計画の策定を進められますので、内容の分担や情報の共有化などの調整が必要です。

 

○ 住民に対する正しい情報の提供

 (1)  福祉の転換

   ~地域福祉の重要性を正しく伝え、住民の理解を高める~

   ( 国の策定指針 → 一人ひとりへの訴えにあるように )

社会福祉が転換する時期にあることを理解し、公的なサービスと住民の自主活動の結びつきの中で生活課題を解決する仕組みに発展させていくことが重要です。

image002.gif 

(2) 住民要望や住民の参加、協力を確認

提供してきたサービスや住民の自主的活動等の現状や課題を説明し、生活課題解決の仕組み作りを考案します。

image003.gif

○ 計画策定に向けて

各町の地域住民、学識経験者、福祉・保健・医療関係者などで構成する計画策定委員会等の意見を聞きながら計画を策定します。

 

カテゴリー

page top