檜山道立自然公園

 

 

檜山道立自然公園


 

 

 

hiyamatoplogo01.gif

環境生活課   檜山の自然環境   自然のマナー    

 

 

檜山道立自然公園を紹介するホームページです

檜山道立自然公園は、北海道西南部、檜山振興局の西海岸と奥尻島に位置しており、上ノ国町、江差町、乙部町、八雲町熊石、せたな町大成区及び奥尻町の6町にまたがる面積およそ1万7千ヘクタールの自然公園です。
 
 

 

地域の特徴

公園の指定区域は、江差町からせたな町大成区にかけての日本海沿い点在しているほか、八雲町熊石の見市川流域、上ノ国町の夷王山一帯及び奥尻島の全域となっています。
日本海沿岸部と奥尻島では、日本海の強風と波浪によって形成された海食崖と階段段丘が連なり、随所に「奇岩」や勇壮な岩石海岸地形が見られるほか、内陸部の見市川上流部についても有数の渓谷景観を有しています。
また、檜山管内は、北海道で最も古くから開けた土地であることから、上ノ国町の夷王山や江差町の鴎島に代表される中世から近世にかけての社寺、城跡、墳墓などの歴史的、文化的遺産が数多く残されていることも、檜山道立自然公園の特徴となっています。
 
地域の気候

気候は、日本海を北上する対馬海流の影響を受けて比較的温暖で、年間平均気温は10.5度(平成11年)と道内でも温暖な地域です。
海岸部は冬期間、たば風と呼ばれる北西の季節風が強く、12月から2月にかけての平均風速は7メートルを超える道内でも有数の強風地帯です。
積雪量は沿岸部では少なく、山間部では比較的多くなっています。
気候上の特徴は植物相にもあらわれており、公園内の森林は道南地域に特有なブナを主体とし、これにエゾイタヤ、ミズナラ、カシワ等が混じった落葉広葉樹林が広く分布しています。
 
檜山道立自然公園各地域の紹介
鴎島 砂坂 夷王山 館の岬
kamome.jpg sunasaka.jpg iozan.jpg tate.jpg
しびの岬 鮎川海岸 長磯海岸 太田海岸
sibi.jpg ayukawa.jpg oyako.jpg ota.jpg
奥尻島      
nabeturu01.jpg      
 お問合せ先

北海道檜山振興局保健環境部環境生活課自然環境係
郵便番号043-8558
檜山郡江差町字陣屋町336-3
電話0139-52-6494
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー

環境生活課のカテゴリ

page top