電気柵の紹介


電気柵の紹介



logo16.gif

ani12.gif

logo6.gif

kouka.gif kankyo.gif setti.gif<=""> okane.gif tekkyo.gif

koukalogo.gif
saku01.jpg
 電気牧柵は柵に6,000~9,000ボルトの高圧な電気を流し、柵に触れたヒグマにショックを与え、侵入を防ぎます。
 爆音機などに比べて、ヒグマが慣れてしまう可能性が少なく、過去3年間実施したモデル地区でのヒグマの被害は発生していません。
 また、ショックを受けたヒグマが畑に寄りつかなくなることもあります。
 人が触れても強い衝撃を受けますが、怪我をする心配はありません。

totilogo.gif
 電気柵は、設置方法の自由度が高く、斜面や谷状の土地など平地以外でも設置することができます。
saka2.jpg saka1.jpg saka3.jpg
階段状の水田 急斜面 階段状の水田


settilogo.gif
 設置方法を実際の設置作業を例に挙げて説明します。(例:厚沢部町字美和:距離400m)
ani.gif

支柱を設置します。

 場所に応じて使用する支柱の大きさを変えます。
 ほとんどの支柱は簡単に設置することができます。
 柵の隅などに使用する大きな支柱は、ハンマーなどを使う必要があります。

sakuani.gif

ワイヤーを巻きます。

 弛みで、ワイヤーが地面に付かないように、しっかりと張ります。
 

souti.jpgdenatu.jpg

装置を設置し、電気を流します。

電圧を確認します。

kansei.jpg

完成です。

 場   所  厚沢部町字美和(メロン他)
 柵の延長  約400m
 作業人数  約6~8人
 所要時間  約1時間45分 でした

sizailogo.gif
 振興局(支庁)モデル事業で使用した資材の一例です。
 注意:メーカーにより資材の種類・性能は異なります。詳しくは各メーカーにお問い合わせください。
po-rub.jpg

支柱(大)

 大きな支柱は、電気柵の四隅など力のかかる部分に使用します。
 設置にはハンマーなどが必要になります。

po-rus.jpg

支柱(小)

 軽い素材でできています。
 設置は素手で簡単にできます。
 5m間隔くらいで設置します。

ri-ru.jpg

ワイヤー(柵)

 電気が流れてヒグマの侵入を防ぐ部分になります。

souti.jpg

電気装置

 ワイヤーに電気を流す機械です。
 バッテリーなどの電源が別に必要です。
 最近は、バッテリーが内蔵されているもの、ソーラー式で充電が必要のないものもあります。

nasi.gif

バッテリー

 普通自動車用のバッテリーです。最近はソーラー式など充電の必要がないものもあります。

kanrilogo.gif
 電気牧柵設置後は、電圧や漏電のチェック、草刈りなどの維持作業が必要になります。
denatul.jpg

 電気牧柵は電圧が下がってしまうと効果がなくなってしまうため、次のような確認が必要です。
・ 柵に雑草などが大量に触れていると電圧が大幅に低下するため、草刈りが必要です。
・ バッテリーがなくならないように定期的な充電が必要です。(最近はソーラー式など充電が必要のない装置もあります。)

dannsenn.jpg  柵が途中で切れていたりすると電気が流れず、
 隙間からヒグマの侵入を許してしまいます。
 柵が破損していないかを確認する必要があります。

tekyologo.gif
sizai.jpg  電気柵は軽い資材が多いため簡単に撤去できます。
 大きな支柱などは現場に残しておくと、次年以降の設置が楽になります。
 柵(ワイヤー)は家庭用ホースリールなどで簡単に巻き取ることができます。


カテゴリー

page top