フロン類の管理の適正化について

業務用のエアコン及び冷凍冷蔵機器に使用されるフロン類の管理の適正化について

業務用のエアコン及び冷凍冷蔵機器(フロン排出抑制法第2条第3項に規定する「第一種特定製品」)の管理者は、第一種特定製品に使用されるフロン類の管理の適正化に努めなければなりません。

 

 

機器を使用しているとき

 

 

保有する機器の点検を実施してください。

簡易点検は、すべての機器に対し、3ヶ月に1回以上実施してください。

簡易点検記録表(道庁気候変動対策課へのリンク)

定期点検は、一定規模以上の機器に対し、1年又は3年に1回以上、専門業者に委託して実施してください。

点検の記録は、機器を設置してから廃棄した後も3年間保存してください。

点検整備記録簿(環境省へのリンク)

フロン類の充てん・回収は、都道府県に登録された第一種フロン類充てん回収業者のみ行うことができます。

フロン類の漏えいが見つかった場合、修理なしでのフロン類の充てんは原則禁止です。

年間漏えい量が一定以上の場合、国に報告してください。

 

 

機器を廃棄するとき

 

 

フロン類の回収を第一種フロン類充てん回収業者に依頼してください。

引取証明書(原本)は3年間保存してください。

廃棄物・リサイクル業者に機器を引渡す際には、引取証明書の写しを作成し、機器と一緒に渡してください。

解体工事の場合には、元請業者から事前説明された書面を3年間保存してください。

カテゴリー

環境生活課のカテゴリ

page top