スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  上之国勝山館跡/勝山館跡ガイダンス施設 / 檜山を旅しよう


最終更新日:2015年4月14日(火)


上之国勝山館跡/勝山館跡ガイダンス施設 / 檜山を旅しよう


トップページに戻る
温泉・宿
自然・景観
文化財・史跡・資料館
キャンプ場・公園・体験観光
お祭り・イベント
飲食店・製菓店
特産品・特産物
道の駅・観光案内所
モデルルート
観光ガイドマップ
交通アクセス
このサイトについて
リンク集
サイトマップ

檜山を旅しよう

文化財・史跡・資料館

北海道における和人定住の歴史は、この檜山から始まりました。

江差町上ノ国町厚沢部町乙部町奥尻町今金町せたな町・北檜山区せたな町・瀬棚区せたな町・大成区

[上ノ国町全体の地図へ]

上之国勝山館跡/勝山館跡ガイダンス施設

 夷王山の東麓にある松前藩の礎を築いた武田信廣の館跡です。天然の丘陵を利用した三段構えの山城は、堅牢無比の要塞であったといわれ、武田信廣は、64歳でこの館で病没したと伝えられています。
 近年の調査により、約5万点にのぼる国内外陶磁器・金属製品・木製品が出土。建造物の跡も多数発掘されました。当時のアイヌの人々が使っていた骨角器も出土し、和人とアイヌ民族が混住していたと考えられ、謎の多い北海道中世史を語る重要な史跡です。2004(平成16)年には「上ノ国の中世の館(たて)」として北海道遺産に登録されました。
 ガイダンス施設も併設されており、中には、勝山館跡の200分の1の模型や土葬墓、火葬墓のレプリカがおかれ夷王山墳墓群の一部がそのままに再現されています。

所在地 〒049-0601
上ノ国町字勝山
連絡先

上ノ国町教育委員会文化財グループ     
TEL 0139-55-2230 
勝山館跡ガイダンス施設   
TEL 0139-55-2400

時間  10:00~16:00 
休業日  4月第4土曜日~11月第2日曜日の間
毎週月曜日(祝日と重なる場合は翌日)
11~3月休業 
料金  大人200円 小中高校生100円 (20人以上の団体は大人160円 小中高校生80円) 
所要時間  約1時間 
交通アクセス 札幌から車で約4時間30分
【落部ICまで約2時間45分、落部ICから道道67号線・国道227号線経由で約1時間45分】
函館から車で約2時間15分
【国道227号線(中山峠)・228号線(追分ソーランライン)経由】
木古内から車で約1時間15分
【道道5号線経由】
江差から車で約15分
【国道228号線(追分ソーランライン)経由】
函館バス大留停留所からタクシーで約10分 
地図 上之国勝山館跡/勝山館ガイダンス施設
縮尺
上之国勝山館跡/勝山館ガイダンス施設

拡大表示[

上之国勝山館跡/勝山館ガイダンス施設

拡大表示[

上之国勝山館跡/勝山館ガイダンス施設

拡大表示[

上之国勝山館跡/勝山館ガイダンス施設

拡大表示[

檜山振興局