スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  田沢鹿子舞 / 檜山を旅しよう


最終更新日:2015年4月14日(火)


田沢鹿子舞 / 檜山を旅しよう


トップページに戻る
温泉・宿
自然・景観
文化財・史跡・資料館
キャンプ場・公園・体験観光
お祭り・イベント
飲食店・製菓店
特産品・特産物
道の駅・観光案内所
モデルルート
観光ガイドマップ
交通アクセス
このサイトについて
リンク集
サイトマップ

檜山を旅しよう

文化財・史跡・資料館

北海道における和人定住の歴史は、この檜山から始まりました。

江差町上ノ国町厚沢部町乙部町奥尻町今金町せたな町・北檜山区せたな町・瀬棚区せたな町・大成区

[江差町全体の地図へ]

田沢鹿子舞(たざわししまい)

 数人の若者が松前公の命により、谷川へヤマベを取りに出かけた折、山奥に入っていくうちに五頭の鹿が争っているのを見て一つの舞にまとめたとされています。
 踊りは、小川の丸木橋を中心に心配そうに見ている母鹿の前に若雌鹿をおき雄鹿三頭が角をつきあわせ、我こそはこの若雌鹿を我がものにと、落とされては、はい上がり、最後に勝ち残った一頭の雄鹿が若雌鹿を連れ去っていく様を表しています。

所在地 〒043-0034
江差町字中歌町193-3
(実演会場:江差追分会館)
連絡先

江差町民芸団体連絡協議会 
TEL 0139-52-5555 FAX 0139-52-5544
mail:oiwake●hokkaido-esashi.jp
(迷惑メール対策のため、@を●にしています。メールを送っていただく際は、@に置き換えてください。)

WEB www.hokkaido-esashi.jp/modules/sightseeing/content0087.html
期間 5月のゴールデンウィーク、8月9~11日
(事前確認が必要)
実演会場 江差追分会館
料金 江差追分会館入館料のみで鑑賞できます。
所要時間 20~30分
交通アクセス 札幌から車で約4時間
【落部ICまで約2時間45分、落部ICから道道67号線経由で約1時間15分】
函館から車で約1時間45分
【国道227号線(中山峠)経由】
函館バス中歌町停留所から徒歩0分
地図 江差追分会館
縮尺

檜山振興局