スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  江差追分 / 檜山を旅しよう


最終更新日:2016年4月04日(月)


江差追分 / 檜山を旅しよう


トップページに戻る
温泉・宿
自然・景観
文化財・史跡・資料館
キャンプ場・公園・体験観光
お祭り・イベント
飲食店・製菓店
特産品・特産物
道の駅・観光案内所
モデルルート
観光ガイドマップ
交通アクセス
このサイトについて
リンク集
サイトマップ

檜山を旅しよう

文化財・史跡・資料館

北海道における和人定住の歴史は、この檜山から始まりました。

江差町上ノ国町厚沢部町乙部町奥尻町今金町せたな町・北檜山区せたな町・瀬棚区せたな町・大成区

[江差町全体の地図へ]

江差追分

 追分節は、江戸時代の頃から信州中仙道で唄われていた「馬子歌」がはやり歌として全国に広まり、越後に伝わったものは船歌となって船頭達に歌われました。やがて今から200年程前になって北前船によって江差に運ばれてきたといいます。
 さらに江差では、座頭佐之市がケンリョウ節と追分を加えて独特の音調を持つ江差追分を誕生させたといわれ、多くの唄い手によって磨かれ、唄い継がれてきました。2004(平成16)年には北海道遺産に選定されました。(道指定無形民俗文化財)

所在地 〒043-0034 江差町字中歌町193-3 
(実演会場:江差追分会館住所)
連絡先

江差町民芸団体連絡協議会 
TEL 0139-52-5555 FAX 0139-52-5544
mail:oiwake●hokkaido-esashi.jp
(迷惑メール対策のため、@を●にしています。メールを送っていただく際は、@に置き換えてください。)

WEB http://esashi-oiwake.com/
期間 4月末~10月末
実演 1日3回実演(11:00、13:00、15:00)
その他イベント開催時など
実演会場 江差追分会館
料金 江差追分会館入館料のみで鑑賞できます。
所要時間 20~30分 
交通アクセス 札幌から車で約4時間
【落部ICまで約2時間45分、落部ICから道道67号線経由で約1時間15分】
函館から車で約1時間45分
【国道227号線(中山峠)経由】
函館バス中歌町停留所から徒歩0分
地図 江差追分会館
縮尺
江差追分

拡大表示[


 


 

檜山振興局