スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  瓊江丸記念碑 / 檜山を旅しよう


最終更新日:2015年4月14日(火)


瓊江丸記念碑 / 檜山を旅しよう


トップページに戻る
温泉・宿
自然・景観
文化財・史跡・資料館
キャンプ場・公園・体験観光
お祭り・イベント
飲食店・製菓店
特産品・特産物
道の駅・観光案内所
モデルルート
観光ガイドマップ
交通アクセス
このサイトについて
リンク集
サイトマップ

檜山を旅しよう

文化財・史跡・資料館

北海道における和人定住の歴史は、この檜山から始まりました。

江差町上ノ国町厚沢部町乙部町奥尻町今金町せたな町・北檜山区せたな町・瀬棚区せたな町・大成区

[江差町全体の地図へ]

瓊江丸記念碑(たまえまるきねんひ)

 1890(明治23)年、松沢伊八が江差に創業した北海汽船会社は、7隻の汽船を所有する大手企業でした。1891(明治24)年、同社所有の「瓊江丸(たまえまる)」が帰郷客など321人を乗せて航海中、新潟の「三吉丸」と衝突、沈没し、乗員乗客261名が溺死するという大事故が発生しました。
 社長の松沢伊八は私財をなげだし死者の供養と遺族の救済に臨みました。この石碑は1894(明治27)年に松ノ岱に建立され、その後1968(昭和43)年に正覚院本堂前境内に移設され現在にいたります。1991(平成3)年、江差町有形文化財に指定されました。

所在地 〒043-0043
江差町字本町 正覚院境内
連絡先

江差町役場 
TEL 0139-52-1020 FAX 0139-52-0234
mail:info●hokkaido-esashi.jp
(迷惑メール対策のため、@を●にしています。メールを送っていただく際は、@に置き換えてください。)

WEB www.hokkaido-esashi.jp/sekihi/monument/42/
交通アクセス 札幌から車で約4時間
【落部ICまで約2時間45分、落部ICから道道67号線経由で約1時間15分】
函館から車で約1時間45分
【国道227号線(中山峠)経由】
函館バス新地停留所から徒歩約10分
地図 瓊江丸記念碑
縮尺
瓊江丸記念碑

拡大表示[


 


 

檜山振興局