スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  江差町道路元標 / 檜山を旅しよう


最終更新日:2015年4月14日(火)


江差町道路元標 / 檜山を旅しよう


トップページに戻る
温泉・宿
自然・景観
文化財・史跡・資料館
キャンプ場・公園・体験観光
お祭り・イベント
飲食店・製菓店
特産品・特産物
道の駅・観光案内所
モデルルート
観光ガイドマップ
交通アクセス
このサイトについて
リンク集
サイトマップ

檜山を旅しよう

文化財・史跡・資料館

北海道における和人定住の歴史は、この檜山から始まりました。

江差町上ノ国町厚沢部町乙部町奥尻町今金町せたな町・北檜山区せたな町・瀬棚区せたな町・大成区

[江差町全体の地図へ]

江差町道路元標

 道路法は1919(大正8)年法律第58号で制定されました。その後「一級国道の路線を指定する制令」(昭和27年政令477号)により、江差町を起終点とする国道の元標として国よって設置されました。
 後、この政令が廃止され「一般国道の路線を指定する政令」(昭和40年3月29日政令第58号)に受け継がれました。
 その別表によると、江差を起点とする国道は276号(終点は苫小牧市:経由地は熊石、北檜山、寿都、岩内、共和、倶知安、喜茂別、大滝村、千歳)と国道277号(終点は八雲町:経由地は熊石)江差を終点とする国道227号(起点は函館市:経由地上磯、大野)国道228号(起点は函館市:経由地上磯、大野、木古内、福島)国道229号(起点は小樽市:経由地余市、積丹、岩内、寿都、北檜山、熊石)となっています。
 江差が北海道の中でも往時経済産業の中心地であったことをうかがわれます。旧役場を歴史を生かすまちづくり事業で町会所として整備されたのを機会に、元標を中心にプレートをもって表現整備しています。

所在地 〒043-0034
江差町字中歌町
連絡先

江差町役場 
TEL 0139-52-1020 FAX 0139-52-0234
mail:info●hokkaido-esashi.jp
(迷惑メール対策のため、@を●にしています。メールを送っていただく際は、@に置き換えてください。)

WEB www.hokkaido-esashi.jp/modules/sightseeing/content0016.html
交通アクセス 札幌から車で約4時間
【落部ICまで約2時間45分、落部ICから道道67号線経由で約1時間15分】
函館から車で約1時間45分
【国道227号線(中山峠)経由】
函館バス中歌町停留所から徒歩約5分
地図 江差町道路元標
縮尺
江差町道路元標

拡大表示[


 


 

檜山振興局