スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  百印百詩顕彰碑 / 檜山を旅しよう


最終更新日:2014年9月12日(金)


百印百詩顕彰碑 / 檜山を旅しよう


トップページに戻る
温泉・宿
自然・景観
文化財・史跡・資料館
キャンプ場・公園・体験観光
お祭り・イベント
飲食店・製菓店
特産品・特産物
道の駅・観光案内所
モデルルート
観光ガイドマップ
交通アクセス
このサイトについて
リンク集
サイトマップ

檜山を旅しよう

文化財・史跡・資料館

北海道における和人定住の歴史は、この檜山から始まりました。

江差町上ノ国町厚沢部町乙部町奥尻町今金町せたな町・北檜山区せたな町・瀬棚区せたな町・大成区

[江差町全体の地図へ]

百印百詩顕彰碑(ひゃくいんひゃくしけんしょうひ)

 町政施行百周年記念として江差町の歴史を紀行し友好を進める会が企画し設置したものです。
 1846(弘化3)年10月14日、齋藤鴎洲ゆかりの雲石楼に多くの雅人が集い詩会がひらかれ、主役の頼三樹三郎と松浦武四郎が出題されるや、頼三樹三郎が五言絶句で詠み、松浦武四郎が詩題を印石に篆刻し、「百印百詩」を1日で完成させたといわれます。その文芸史上の画期的な偉業を顕彰し、2000(平成12)年建立されました。

所在地 〒043-0043
江差町字本町
連絡先

江差町役場 
TEL 0139-52-1020 FAX 0139-52-0234
mail:info●hokkaido-esashi.jp
(迷惑メール対策のため、@を●にしています。メールを送っていただく際は、@に置き換えてください。)

交通アクセス 札幌から車で約4時間
【落部ICまで約2時間45分、落部ICから道道67号線経由で約1時間15分】
函館から車で約1時間45分
【国道227号線(中山峠)経由】
函館バス姥神町フェリー前停留所から徒歩約5分
地図 百印百詩顕彰碑
縮尺
百印百詩顕彰碑

拡大表示[


 


 

檜山振興局