スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  賽の河原 / 檜山を旅しよう


最終更新日:2015年4月15日(水)


賽の河原 / 檜山を旅しよう


トップページに戻る
温泉・宿
自然・景観
文化財・史跡・資料館
キャンプ場・公園・体験観光
お祭り・イベント
飲食店・製菓店
特産品・特産物
道の駅・観光案内所
モデルルート
観光ガイドマップ
交通アクセス
このサイトについて
リンク集
サイトマップ

檜山を旅しよう

文化財・史跡・資料館

北海道における和人定住の歴史は、この檜山から始まりました。

江差町上ノ国町厚沢部町乙部町奥尻町今金町せたな町・北檜山区せたな町・瀬棚区せたな町・大成区

[奥尻町全体の地図へ]

賽の河原

 島の北端の稲穂灯台下にある道南五霊場の一つ。海難犠牲者、幼少死亡者などの慰霊の地です。
 500年前に松前藩の始祖・武田信廣一行が、蝦夷地へ向かう途中暴風雨を避けるため、奥尻島に避難した際にこの賽の河原を見つけ、丁寧に法要したと伝えられています。例年6月22、23日には「賽の河原まつり」が開催されます。

所在地 〒043-1405
奥尻町字稲穂 稲穂岬
連絡先

奥尻町役場地域政策課 
TEL01397-2-2351 FAX 01397-2-3445
mail:info●town.okushisri.lg.jp
(迷惑メール対策のため、@を●にしています。メールを送っていただく際は、@に置き換えてください。)

交通アクセス 江差町からフェリーで約2時間20分  
せたな町からフェリーで約1時間35分
函館空港から飛行機で約30分
フェリーターミナルから車で約15分
奥尻空港から奥尻港方面へ車で約45分
町営バス賽の河原停留所から徒歩約10分 
地図 賽の河原
縮尺
賽の河原

拡大表示[

賽の河原

拡大表示[

檜山振興局