スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  神威脇温泉保養所 / 檜山を旅しよう


最終更新日:2014年3月16日(日)


神威脇温泉保養所 / 檜山を旅しよう


トップページに戻る
温泉・宿
自然・景観
文化財・史跡・資料館
キャンプ場・公園・体験観光
お祭り・イベント
飲食店・製菓店
特産品・特産物
道の駅・観光案内所
モデルルート
観光ガイドマップ
交通アクセス
このサイトについて
リンク集
サイトマップ

檜山を旅しよう

温泉・宿

旅の疲れを温泉とゆとりの空間で癒し、檜山の海の幸、山の幸で舌鼓。

江差町上ノ国町厚沢部町乙部町奥尻町今金町せたな町・北檜山区せたな町・瀬棚区せたな町・大成区

[奥尻町全体の地図へ]

神威脇温泉保養所(かむいわきおんせんほようじょ)

夕陽が沈むオーシャンビューと濃厚な源泉が自慢の日帰り温泉

 島の西側にある神威脇漁港のすぐ前にある町営の温泉施設で、地元住民の憩いの場として昭和53年にオープンした同施設は、浴室が1、2階別々に設けられていて、各階ごとに違った趣を味わえる。
 1階浴室の湯船には地下30メートルから汲み上げられた濃厚な源泉がそのままかけ流され、鉄分豊富な黄褐色に濁った熱めの湯がなみなみと満たされている。湯口や床のタイルに成分が付着していて泉質の良さを伺うことができる。
 展望風呂になっている2階浴室の湯船にはやや低めに温度調節された源泉を湯船にかけ流しているので、ゆっくりと湯に浸かりながら、海側にある大きな窓から夕陽が沈む美しいオーシャンビューを楽しむことができる。

この施設へのクチコミ】

・身体の芯まで温める景色も最高の温泉。特に日没時に入浴が最高。1日いっぱい居て何度入っても料金は追加なし。(奥尻町/20代男性)
・奥尻に住んでいたとき、この温泉で家族とともによく休日を過ごしました。2階の浴室から見える夕日はそれはそれは美しく心を和ませてくれました。地元の方との何気ない会話も心をのどかにしてくれました。離島ならではののんびりとした気分を満喫できる気の休まる場所でした。いつの日か、のんびりとした時間を満喫でき心と体を癒せるこの温泉を訪れてみたいと思います。(網走市/50代男性)
・サウナ並みに汗が出て気持ちいい。(奥尻町/40代男性)
・まさに秘境の温泉。ロケーションが素晴らしい、湯温が高い、泉質がすごい。(札幌市/60代男性)

 クチコミは「ひやま温泉大好きコンテスト」に応募された個人のご意見です。
 状況が変更されている場合がありますので、詳細は各施設へお問い合わせください。

所在地

〒043-1406
奥尻町字湯浜98番地

連絡先 TEL 01397-3-1130 FAX 01397-3-3588
 
[日帰り入浴]
時間 9:00~21:00
休業日 4~10月無休、
11~3月毎月第1・3火曜定休(定休日が祝日の場合翌日)
駐車台数 30台
入浴料 大人420円、子ども160円
※入浴料が前後する場合がございますので、詳しくはお問い合わせください。
泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(中性高張性高温泉)
主な効能

リウマチ性疾患、運動機能障害、創傷、慢性湿疹、皮膚病など

売店

バリアフリー
 
交通アクセス 江差町からフェリーで約2時間20分
せたな町からフェリーで約1時間35分
函館空港から飛行機で約30分
フェリーターミナルから車で約45分
奥尻空港から神威脇方面へ車で約15分
町営バス神威脇温泉前停留所から徒歩約5分
地図 神威脇温泉保養所
縮尺
神威脇温泉保養所

拡大表示[

神威脇温泉保養所

拡大表示[

神威脇温泉保養所

拡大表示[

浴場

道庁ブログ(超!!旬ほっかいどう) 2014年3月11日掲載の記事 「 檜山で行ってみたい温泉No.1 奥尻島・神威脇温泉 【前編】 【後編】  」もご覧ください。

檜山振興局