スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  いかめし(せたな)


最終更新日:2020年6月08日(月)

いかめし(せたな町)

いかめし動画手釣りで水揚げした地元素材にこだわるいかめし (画像はYouTubeにリンクしています)

いかめしの生産者 (有)マーレ旭丸 西田 たかお さん

せたなの海で獲れる物と、素材の特徴

せたな町は、日本海に面した自然が豊かな町です。とても風が強い地域で、冬の海は特に潮が早く荒れることが多いです。日本海の厳しい環境で育った魚は身が締まり脂も乗ってとても美味しいのが特徴です。いかは潮が早いほど筋肉を使う生き物なので、この環境で獲れるいかの美味しさは自信を持って自慢できるほど質が良いと感じています。

こだわりを持って作る水産加工品

せたなの前浜や近郊の海で水揚げした原料を中心に様々な加工品を製造していますが、原料鮮度の良さを生かし、素材の味がしっかりわかる製品が多いと思います。鮮度の良い物を使うので、調味料に頼らない素材が持つ味を大切にしています。素材そのものの良さを感じてもらいたいので、処理には人一倍気を使います。いかは解凍した時に透明感があるように、水揚げ時から7時間以内に処理をする。一夜干しは絶対生からしか作らない。ゆでタコは活ダコ以外はやらない。手間がかかりスピード感も必要となりますが、どれもせたなの美味しいものを味わってもらいたいからこだわっています。

いかめし作りへのこだわり

とにかく素材の良さを活かしきること。原料となるいかはせたなで獲れるものを中心に周辺の日本海の海で手釣りしたものだけを使用しています。これまでにも他の産地のいかで試しましたが、日本海の手釣りいかが自分のいかめしにはぴったりでした。いかはもちろん他の原料も北海道産にこだわり、米も蛍が飛んでいる田んぼで栽培しているものを使っています。いかめしは道南で多く食べられている郷土食ですが、郷土外の人にも地元に伝わる味を伝えるために、試行錯誤を重ねてきました。

消費者に感じてもらいたいこと

せたなでは美味しい海産物が水揚げされます。いかめしづくりもそうですが、新鮮で美味しい素材でも、船の上でどのような処理をするかが品質に影響します。いかに高鮮度を保つかの工夫をしています。苦手な方には魚が美味しいということを感じてもらい、好きな方には素材の美味しさを感じてさらに好きになってもらいたいです。いかめしをはじめ、せたなの海産物を食べた人に幸せな気持ちになってもらいたいです。せたなの自然が育んだ素材の美味しさと郷土食として伝わる地元の味を通じて、せたな町の海の豊かさを感じてください。


食と旅と歴史の入り口 南北海道・檜山 トップページ