スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >  平成30年度檜山管内観光客動態調査分析業務公募型プロポーザルの実施について

檜山の分類: 観光 > 檜山の観光

最終更新日:2018年6月08日(金)

平成30年度檜山管内観光客動態調査分析業務公募型プロポーザルの実施について

1 業務名

平成30年度檜山管内観光客動態調査分析業務

※随意契約の結果を公表しています。詳しくはこちらをご覧ください。

 

2 業務の目的及び内容

(1)目的

 檜山管内は、自然や食・歴史など魅力的な観光資源を有しているが、核となる観光資源が少なく、観光地としての知名度が低いこと、また、宿泊施設が少ないほか、交通アクセスにも恵まれていないことなどから、平成28年3月26日の北海道新幹線開業は、管内の一部の地域・施設には観光客の増加をもたらしたものの、開業効果の享受までには至っていない状況にある。
 観光客を管内全体に呼び込むため、旅行者ニーズを踏まえ、地域の個性を活かした商品づくりを進めることが必要であり、そのためには、地域でDMOや地域商社が旅行業登録をし、観光商品を自ら販売する動きがある中、ターゲットを明確にし、効果的に着地型観光の取組を進めるためには北海道新幹線開業後の檜山管内を訪れる観光客の動態を調査分析し、共通のマーケティング基礎資料とすることが必要である。
 このため、檜山への二次交通として有効な自家用車やレンタカーなどを利用した観光客の動態調査・分析を行い、着地型観光の推進のための基礎的なマーケティング資料として管内の町や観光関係者等と情報共有を図る。

(2)内容

  ア 来訪者動態調査分析   

     檜山管内主要観光地点におけるアンケート調査やレンタカー事業者と連携した調査を行うことで、檜山管内への    

   訪問者の動態や特徴等について調査分析行う。  

  イ 来訪者消費額調査分析                                                                                                         アンケート調査等の実施や取得可能な既存データを利用し、檜山管内の来訪者の消費額の推計や地域経済へ
   の波及効果等の調査分析を行う。   

  ウ 追加の調査分析

     ア及びイの他に効果的な調査分析項目があれば、実施する。

  エ 総合分析

     アからウの調査分析結果を総合的に分析し、来訪者の動態や特徴等をまとめるとともに、課題を抽出し、戦略的に来訪者の受入環境整備や情報発信を行うための提案を行う。

  オ 報告会の実施
    管内観光事業者等を対象とした調査分析結果の地域報告会を実施し、来訪者の動態や特徴、地域の課題等を広く周知し、認識の共有を図る。

  カ 成果品の納品

3 契約期間

契約締結の日から平成31年1月31日(月)まで

4 応募方法 

 公告文に定める参加資格を有し、企画提案に参加を希望される方は、参加表明書及び必要な書類を次の期日までにご提出ください。
  ※詳しくは下記資料をご確認ください。

(1)提出期限

ア 参加表明書 平成30年5月8日(火)午後5時30分
イ 企画提案書 平成30年5月18日(金)午後5時30分

(2)資料

このページに関するお問い合わせ
〒043-8558 北海道檜山郡江差町字陣屋町336-3
北海道檜山振興局 産業振興部 商工労働観光課 観光振興係
(担当:小林)
電話番号:0139-52-6642(ダイヤルイン)
       0139-52-6500(代表)[内線2427]
ファックス番号:0139-52-0569