スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 水産課 >  日本海漁業振興対策について


最終更新日:2017年2月07日(火)

日本海漁業振興対策


  北海道の日本海地域では、他地域と比較して漁業環境が急速に厳しさを増しています。
  このため、道では、平成26年12月に「日本海漁業振興基本方針(以下「基本方針」という。)」を策定し、「後志・檜山地区」を振興のモデルに、短期間で所得向上が期待できる「養殖業」を柱とした速効性のある確実な対策を進め、この成果を早期に日本海の他地区に波及させることにより、日本海地域の漁業振興を図ることとしています。
  檜山管内においても、基本方針に基づき漁業振興を図るため、「日本海漁業振興緊急対策事業」などを活用し、新たな増養殖の取組み支援等を行っているほか、平成27年7月には、檜山振興局内に「檜山地域漁業振興対策室」を設置し、関係各課等が連携協同して、管内漁業の振興に総合的に取り組んでいます。

<関連リンク>
  水産林務部水産局水産経営課日本海漁業振興対策室のページ
  補助金等の交付に係る内容の公表について


                                              ●水産課トップページに戻る

                                              ●檜山振興局トップページに戻る