スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 水産課 >  バカガイ


最終更新日:2018年3月19日(月)


バカガイ


 

   ばかはバカでも、馬鹿うまい!!

      檜山産 蝦夷バカ貝  

                          

檜山地方でバカガイのとれる時期は、4月下旬から9月上旬で、その内特に多くとれる時期は、5月中旬から8月下旬です。

地方名(北海道)は、エゾバカガイ、エゾバカ、アブラガイ、アカガイなどと呼ばれ、東京方面では、アオヤギ(青柳)として有名です。

殻は丸みがあり、薄くて壊れやすい特徴があります。

殻の表面色は、茶褐色のものが多く、その表面はつやがあります。

北海道の檜山地方では満1年で約2.5cmに成長します。

殻長7cm以上の漁獲サイズに成長するには、檜山地方では5年を要すると推定されています。

貝の寿命は、長くて10年程度と考えられています。

 

     もっと詳しい檜山の海の幸バカガイはこちら

 

                   バカガイの漁法等の解説はこちら

 

      蝦夷ばか貝レシピ(漁連)はこちら

 

                      バガガイの購入先はこちらへ

 

                             ●水産課トップページへ戻る


                          ●檜山振興局トップページに戻る