スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 農務課 >  ひやまを食べる

檜山の分類: 観光 > 檜山の観光

最終更新日:2019年2月08日(金)

食べる

  ひやまの郷土食

  ひやまの郷土食が食べられる店  ~ひやまの郷土食を食べてもらう会メンバーの店~    (宿名をクリックすると詳細ページを表示します)

江差町  辻旅館 / 港旅館  上ノ国町  食事処友矢 / 旅館よ志栄 / 料理宿宮寿司  厚沢部町  俄虫温泉旅館
乙部町  四季彩岬  奥尻町   菊地旅館 / 湯ノ浜温泉ホテル緑館 / 北の岬さくらばな 
せたな町  新矢旅館  今金町  クアプラザピリカ  八雲町熊石  見市温泉旅館 / 寿し処かきた / 食事処のと家
注意 ひやまの郷土食を食べてもらう会とは?
ひやまの郷土食のメニュー化などの取組を、関係者一体となって進めるため、郷土食をつくる旅館や飲食店をはじめ、関係団体,行政などからなる「ひやまの郷土食を食べてもらう会」を立ち上げました。
「皆様に郷土食を楽しんでもらうためには、まずは当事者が楽しんで取り組むこと」をモットーに活動しております。

「ひやまの郷土食を食べてもらう会」参加案内の詳細はこちらをご覧ください。

  ひやまの郷土食とそのレシピ  (料理名をクリックすると詳細ページを表示します)

汁物     三平汁 / ふきんこもち汁 / くじら汁 / くじらのだしそうめん / 呉汁 / ウニ汁 / つぼっこ汁
お菓子   かたこもち / こうれん
発酵食   いずし / 豆漬け
その他   煮しめ / ホッケの焼きかまぼこ 
注意 郷土食メニュー化の取り組みについて
檜山振興局では、古い歴史を持つ檜山ならではの「郷土食」に光を当て、それらのメニュー化や加工品の開発を地域全体で行っていくこととしました。その取り組みの詳細はこちらをご覧ください。
注意 実施したイベントについて
ひやまの郷土食を、より多くの方に知っていただき、食べていただくため、様々なイベントを実施しました。詳細はこちらをご覧ください。

  北の食材こだわりの宿

北海道の食材を活用した料理を提供する道内の旅館やホテルなどを「北の食材こだわりの宿」として登録しています。

北の食材こだわりの宿一覧へ

檜山管内の「北の食材こだわりの宿」一覧(宿名をクリックすると詳細ページを表示します )  全道版はこちら
上ノ国町  料理宿宮寿司   厚沢部町  うずら温泉 中国料理 彩風塘 / 俄虫温泉旅館   乙部町乙部温泉光林荘
奥尻町    旅館青葉荘     せたな町   国民宿舎あわび山荘 / 民宿長栄 / 温泉ホテルきたひやま
熊石(八雲町)   見市温泉旅館 /  熊石ひらたない荘

 愛食レストラン

 北海道の宿泊施設・外食店のうち、北海道産食材を使用したこだわり(自慢)料理の提供を通じて、北海道産食材の積極的な利用や食材の素晴らしさをお客様に伝える地産地消(愛食運動)に取り組むお店を「北のめぐみ愛食レストラン」として認定しています。

 申し込みについてはこちらから。

檜山管内の「愛食レストラン」(店名をクリックすると詳細ページを表示します )  全道版はこちら

今金町   日本料理 わたなべ
厚沢部町
うずら温泉 中国料理 彩風塘
厚沢部町 ラッキーピエロ江差入口前店 

江差町  イタリア風居酒屋 パレス

  道南アイスマップ

道南アイスマップへ 酪農が盛んな道南の渡島・檜山の北部地方を中心に牧場が広がり、新鮮な牛乳をふんだんに使用して作ったソフトクリームやアイスクリームやその他の乳製品を販売するショップが多数存在しています。