スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 農務課 >  くじら汁


最終更新日:2015年1月15日(木)

食べる
汁物
   三平汁
   ふきんこもち汁
   くじら汁
   くじらのだしそうめん
   呉汁
   ウニ汁
   つぼっこ汁
お菓子
   べこもち(かたこもち)
   こうれん
発酵食
   いずし
   豆漬け
その他
   煮しめ
   ホッケの焼きかまぼこ
  
食べるへ戻る

くじら汁

道南の漁村では、「くじら汁」は正月料理としてなくてはならないものでした。道南地域でくじらが正月のハレの料理となったのは、ニシン漁との関係があるといわれています。 松前藩の時代、「クジラがくるとニシンが岸に寄る」といわれ、くじらは漁の神として崇められていました。くじら汁は、正月に大漁への願いを込めて作られていたのです。
写真:くじら汁

<材料>

塩くじら・人参・大根・ワラビ・玉ねぎ・豆腐・かまぼこ
フキ・細竹・ちくわ・こんにゃく・椎茸・だし昆布・しょう油
各適量
写真:材料

<手順>

手順1の写真
1. 材料を一口大の大きさに切ります。(短冊切り)
手順2の写真
2. 塩くじらを熱湯で塩抜きをします。
手順3の写真
3. 塩くじら・玉ねぎ・豆腐・しょう油以外の材料と水を鍋に入れ火にかけます。
手順4の写真
4. 沸騰したらだし昆布を取り出し、大根・人参などの硬い野菜に火が通ったら、3で残しておいた材料を鍋に入れ少し煮込みます。
手順5の写真
5. しょう油で味を調え、具材に味が染み込むまで煮込みます。
手順6の写真
6. 器に盛りつけてできあがり。
上記レシピは参考一例です。地域や作り手によって作り方などは違います。