スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 檜山農業改良普及センター >  ロボットトラクタによる可変施肥実演会が行われました


最終更新日:2020年4月14日(火)

ロボットトラクタによる
可変施肥実演会が行われました

 
 
 4月6日と7日に檜山北部農業振興協議会主催、ヤンマーアグリジャパン(株)・(株)岩崎・ビコンジャパン(株)の協力で、ロボットトラクタによる秋まき小麦の可変施肥実演会が行われました。
 当日は、農業者・関係機関で47人の参加がありました。

 6日は天候が悪く、肥料の散布が行えませんでした。そのため、今金町のヤンマーアグリジャパン(株)倉庫内にてロボットトラクタ・施肥機・センシングシステム・可変施肥コントローラーシステムなど必要機器の説明を各社にいただいた後、自動操舵の実演会の見学となりました。
 7日は天候に恵まれたため、せたな町豊岡地区で肥料散布の実演を行うことができました。前日と同様に説明を受けた後、秋まき小麦の生育ムラに応じて設定した肥料が散布される状況を見ることができました。
 参加者は、様々な意見交換を行っていました。
 


ロボットトラクタによる自動操舵走行

ほ場での説明の様子

自動操舵で肥料散布を行う様子


トップページへ   支所地域係の活動紹介へ