スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 檜山農業改良普及センター >  第1回重点地域現地研修会の開催


最終更新日:2019年7月18日(木)

第1回重点地域現地研修会の開催

 
 
 7月2日(火)、重点地域のせたな町栄・栄石地区にて、現地研修会を開催しました。重点地域農業者、関係機関合わせて10名が参加しました。

 せたな町農業センターでは、直播てん菜ほ場の除草剤の効果確認試験や、潮トマトの尻腐れ軽減対策について情報提供しました。
  次に、若松地区の現地ほ場に移動して秋まき小麦の生育状況を確認し、栄地区の現地ほ場で水稲の無代掻き栽培や直播栽培の生育状況、気象や水稲生育経過について説明しました。最後に、置床鎮圧育苗について鎮圧方法や栽培管理の注意点を確認したのち、需要の高まりから共同購入・利用を提案しました。
   
  参加者と活発な意見交換を行い、終始賑やかな研修会となりました。今後も農業者や関係機関と連携しながら、地域の課題解決に取り組んでいきます。
 

直播てん菜の除草剤試験を説明 (右:渡邊普及職員)


潮トマトの調査区を確認 (左:松田専門主任)

秋まき小麦ほ場の現地視察(右:吉川主査)

置床鎮圧育苗の説明(吉田普及職員)


トップページへ   支所地域係の活動紹介へ