スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 檜山農業改良普及センター >  今金町でGAP研修会を開催しました!


最終更新日:2020年6月23日(火)

今金町でGAP研修会を開催しました!

 

 11月13日、今金町町民センターにおいて、「檜山管内農業者向け地域GAP研修会」を檜山振興局、今金町の共催で開催しました。
 今金町、せたな町、厚沢部町から農業者38名、関係機関等を含め計81名が出席し、用意した席がほぼ埋まる盛況ぶりでした。


  研修内容(講演)
  1 「GAP(農業生産工程管理)を巡る情勢及び導入支援施策等について」
    講師:北海道農政部食の安全推進局食品政策課 主査(オリパラ・GAP) 千葉邦博氏
 
  2 「生産者から見たJGAP認証」~GAPの取組について
    講師:有限会社高橋畜産 代表取締役 高橋洋平氏(せたな町)


 ブランド豚肉「若松ポークマン」で知られる(有)高橋畜産は、檜山管内初の第三者認証GAP(JGAP家畜・畜産物/豚)取得農場で、高橋代表からは、「安全・安心」の「安全」を科学的、客観的に確保できる手法として、GAPの有効性を説明していただきました。
 檜山管内でGAPに取り組む事例はまだ少ないですが、この研修会を契機に意識を高め、ステップアップにつなげていきます!


檜山振興局 坪井産業振興部長より開会の挨拶


今金町 外崎町長より挨拶


右:(有)高橋畜産 高橋代表
左:北海道農政部 千葉主査

千葉主査から、”今なぜGAPか”について国や道の支援策とともに説明

高橋代表から、JGAPを導入した農場運営について説明

多くの農業者、関係機関が参加しました

 

 

    トップページへ   支所地域係の活動紹介へ  クリーン・有機(広域)へ