スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 檜山農業改良普及センター >  令和元年度普及活動中間検討会を開催しました


最終更新日:2019年9月06日(金)

令和元年度普及活動中間検討会を開催しました

 

 9月5日、檜山農業改良普及センター普及活動中間検討会を、快晴のせたな町で開催しました。

 午前は、北部支所地域係が重点地区として活動する北檜山区栄・栄石地区で現地調査を行い、農業者の方々と情報、意見を交換しました。普及センターと連携した取り組み、地域への波及などについて前向きなご意見をいただき、職員一同意を強くしました。
 午後からは、せたな町ふれあいプラザで、普及計画の進捗状況と今後の活動について、本・支所地域係、広域主査の報告を検討し、活発に意見が交わされました。

 今年度も早くも半分が過ぎようとしていますが、「地域の特色がきらりと輝く檜山農業」に向けて、引き続き全力でがんばります!

 

地区の農業者と情報・意見交換

左から栄・栄石地区の山田康夫さん、大口寧さん、
北部支所菊池支所長、辻係長

大口さんも手応えを感じているという水稲直播ほ場を視察 

黒澤所長より開会挨拶 
右:檜山振興局農務課 増田課長

技術普及課 上堀総括普及指導員
左:道南農試技術普及室 池田上席普及指導員

本・支所地域係、広域主査から活動経過報告
画像は本所地域係報告、発表者は日根専門主任

活発な意見交換が行われました


 

    トップページへ   本所地域係の活動紹介へ   支所地域係の活動紹介へ