スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 檜山農業改良普及センター >  檜山振興局長が普及センター本所管内を作況視察


最終更新日:2018年7月12日(木)

檜山振興局長が普及センター本所管内を作況視察 


 7月6日、小林檜山振興局長らによる檜山農業改良普及センター本所管内の農作物生育状況調査を行いました。普及センターにて、7月1日現在の主要作物の生育状況の報告を受けたあと、厚沢部町のてんさいほ場、江差町のブロッコリーほ場で、農業者と作柄状況について懇談しました。その後、厚沢部町で取り組んでいるGPSガイダンスシステムも視察し、実走行のトラクタを体験し、水稲奨決ほ場では系統品種について興味深く担当から聞いていました。
 長雨や日照不足であり、今後の天候回復を期待します。

厚沢部町てんさいほ場(左から3人目小林局長)

自動操舵トラクタに乗り込む小林局長

水稲奨決ほで品種特性を説明する武澤係長(右)
 小林局長(右から2人目)


 

    トップページへ   本所地域係の活動紹介へ