スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 檜山農業改良普及センター >  せたな町有機稲作ほ場で除草機の現地確認を行いました


最終更新日:2018年6月15日(金)

せたな町有機稲作ほ場で
除草機の現地確認を行いました

 

 6月13日、せたな町瀬棚区の有機稲作水田で、昨年度国のリース事業で導入された新型乗用除草機の作業状況現地確認を行いました。
 普及センターと連携する道南農業試験場技術普及室のほか、機械の専門家である道立工業技術センターにも立ち会っていただき、5月下旬に移植した水田で実際の除草機の動きを確認しながら、作業精度や除草効果について意見を交換しました。
 今後も、有機稲作の安定栽培技術確立に向け、有機農業者とともに課題の整理、解決に取り組んでいきます。

機械の構造
    除草機の構造、駆動部分を確認

実演
       作業精度について意見交換

旧タイプと比較
  別の農業者水田で、旧タイプの除草機と
  除草機構の違いを比較検討

 

 

    トップページへ   支所地域係の活動紹介へ  クリーン・有機(広域)へ