スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 檜山農業改良普及センター >  上ノ国町中須田地区(重点地区)で活動報告会を開催しました!


最終更新日:2017年12月28日(木)

上ノ国町中須田地区(重点地区)で
活動報告会を開催しました!

 


 平成29年12月25日、上ノ国町のゆいっこハウスで、中須田地区の農家を対象に平成29年度の活動報告会を開催しました。中須田地区の農家6名、JA職員1名、役場3名の出席がありました。
 報告会では、今年取り組んださやえんどうの高畦栽培や大豆の適期は種について、出席者と成果を確認しました。また、土づくりについて今年の実態調査結果から「堆肥を使いたくても散布するための労力や機械がなく、散布できない」という実態がわかり、「みんなが堆肥を使えるようなしくみが必要ではないか?」という投げかけを行いました。
 その後行われた意見交換会では、各出席者が「我が家の農業経営の課題」についてワークショップ形式で話し合いました。各自がカードに思い思いの課題を記入し、「ほ場が分散している」、「米のタンパク率を下げたい」、「草取りが大変だ」などの意見が飛び出し、お互い何に困っているかがわかった一日となりました。
 出された意見をもとに、今後地域のみなさんとよりよい地域作りに向け協議していきます。
 

 村井普指から報告
  さやえんどうは目標達成!(村井普及指導員)
 みんなが堆肥を使えるようにするには何が必要でしょうか?
  みんなが堆肥を使えるようにするには何が
  必要でしょうか?(齊田専門主任)
 意見交換会ではいろいろな発言が飛び出します
    意見交換会ではいろいろな発言が
    飛び出します(左:武澤係長)
 ワークショップの中からたくさんの課題が出ました
  ワークショップの中からたくさん
  の課題が出ました


 

    トップページへ   本所地域係の活動紹介へ