スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 檜山農業改良普及センター >  上ノ国町中須田地区(重点地区)で土づくり研修会を開催しました!


最終更新日:2017年11月30日(木)

上ノ国町中須田地区(重点地区)で
土づくり研修会を開催しました!

 


 平成29年11月28日、上ノ国町のゆいっこハウスで、中須田地区の農家を対象に土づくり研修会を行いました。
 これまでの活動で地域的に有機物の投入が少ないことが明らかになったため、もっと地域の土を良くして良質な作物をたくさん育てよう!と開催しました。中須田地区の農家8名、JA1名、役場3名、普及センター8名の計20名の出席がありました。
 堆肥利用者を対象に行ったアンケート結果、土づくりの基礎から堆肥の種類や期待される効果、熟成度合いの見方などを説明し、馬糞、豚糞、牛糞の3種類の堆肥を見比べてもらいました。農家からは「やっぱり堆肥を入れた方が良い物がとれるよ~」という声がありました。
 「さやえんどう」の地産地消や高付加価値化に関する活動紹介と「さやえんどう」ののり巻きの試食を行いました。農家からは「マヨネーズを入れたらもっと美味しくなるかも!?」「また試食やりましょう!」などといった要望が上がりました。
 

 研修会の様子  「堆肥を入れましょう」田中主査 
           研修会の様子       「堆肥を入れましょう」田中主査
 アンケート結果報告:齊田専門主任  さやえんどうののり巻き試食
    アンケート結果報告:齊田専門主任        さやえんどうののり巻き試食


 

    トップページへ   本所地域係の活動紹介へ  高付加価値化(広域)へ