スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 保健行政室 >  薬の正しい使い方

檜山の分類: くらし・医療・福祉 > 健康・医療・衛生

最終更新日:2018年8月30日(木)

薬の正しい使い方

 
 私たちのまわりや、暮らしの中で実にたくさんの薬が使われています。薬には、病気を治したり、身体の正常な働きを促すなど、健康な生活を保ち、助けるための役目があります。
 しかし、その反面、薬は乱用すると、その副作用により、ときには悲惨な事故を起こしたり、死者を出すこともあります。薬の種類や正しい使い方、危険な面など、私たちは薬について知らないことが多いのではないでしょうか。
(1)薬の服用は指示のとおりに
高熱の場合や痛みが激しいときなどに服用するものを頓服薬といい、これはたとえば1回1錠、3回分というように指示され、その症状のあるときのみ服用します。
また、薬局や薬店で購入した薬の説明書や医療機関で処方してもらった薬袋には、「1日3回、1回につき3錠を食後服用」といったように量や飲み方の指示がされています。

これは薬の効果があらわれ、副作用が少なくすむように考えられているからです。
薬が効果をあらわす時間は、薬の種類や剤形、量によってちがい、数時間のものから24時間も効いているものもあります。
指示された回数や時間、量を守らないと、効果があらわれなかったり、ときには副作用が出ることもあるので、勝手に服用回数や飲み方、量を変えることをしてはいけません。


服用回数や時間、量を守りましょう
薬はその人の病気に合わせて飲む回数や時間、量が決められていますので、勝手にその指示を変えると効果が期待できず、副作用が出る場合もあります。
[服用時間の目安]
食前:食事をするおよそ30分~1時間前
食後:食事をしてからおよそ30分後
食間:食事と食事の間で、およそ食後2時間くらい

 
服用方法を守りましょう
一般に薬は十分な量の水か、ぬるま湯で飲むように指示されています。水を用いずにそのまま 薬を飲むと、薬が溶けにくくなり、食道にへばりついて、そこに悪影響を及ぼしたり、胃に強い 負担をかけることになってしまいます。
また、水以外の牛乳やアルコールなどで飲むと薬と相互 作用を起こし、薬の効果が強まったり、弱まったりすることがあります。

(2)小児、妊婦、授乳婦、高齢者に対する注意
身体的な面で影響を最も受けやすい小児や高齢者などへの薬の投与は慎重に行わなければいけません。特に次のことに注意してください。
小児の場合

小児は生理機能が未発達のため、薬の負担がかかる肝臓や腎臓の働きも十分ではありません。
そのため薬の投与は、年齢や体重、あるいは体表面積に応じて用量が決められています。
妊婦の場合

妊娠中の母体はいろいろなホルモンの影響で、薬による副作用があらわれやすいのですが、糖 尿病や甲状腺機能異常などの病気を持っている場合には適切な治療が必要です。
特に自分で判断 して薬を服用すると胎児の発育に影響を及ぼすこともありますので、産婦人科の医師に相談しま しょう。
授乳婦の場合

母親が薬を服用すると、多くの薬が血液を通して母乳に移ります。そのため、授乳によって、新生児や乳児などへの影響が考えられるため、薬を服用する際には産婦人科の医師に相談しましょう。
高齢者の場合

年齢とともに、体の組織や臓器の変化、またはホルモンなどの分泌機能が弱まり、投与した薬の 効果にも変化があります。このような高齢者における薬の効果には個人差が大きくでますが、一般に高齢者に薬を用いる場合は、成人より用量を少なくしてあります。


(3)薬の保管上の注意

冷蔵庫に入れる、光の当たらない場所に置く、湿気に注意することなど、薬の決められた保管方法は、その効き目を保つ上で重要な事項です。

使用期間  薬は一定の期間が過ぎたり保管条件が悪いと、分解という現象を起こし、違う物質に変化することがあります。知らずにこれを飲むと危険ですので、開封した時にその日付をパッケージなどに書き入れ、古くなったものは廃棄するようにしましょう。
保管方法・場所   湿気、日光、高温を避け、液剤や点眼剤、座薬はビニール袋などにくるんで冷蔵庫に入れておきましょう。また、救急箱はいつも決まった場所に置き、薬に添付されている説明書はいつも薬と一緒に救急箱の中に入れておきましょう。
小児への配慮   小児が誤って飲んでしまう事故は後を絶ちません。必ず、小児の手の届かない場所に置くようにしましょう。
使用後  使用後は、容器のフタをかたく閉めましょう。 
他人への譲渡  医師の処方による薬は他人に譲らないようにしましょう。